関節リウマチの症状の一つ関節痛

関節に痛みを感じたことありませんか?関節痛を和らげるにはどうすればいい? - 関節リウマチの症状の一つ関節痛

関節リウマチの症状の一つ関節痛

yjtjd
関節が痛い、それを総称したものが関節痛です。しかしそのメカニズムや原因は複雑です。ケガをしたり加齢もありますが、関節リウマチの典型的な症状でもあります。とはいえ正しい知識を持てば、予防や改善は十分に可能です。

関節痛が起きる仕組みとは

関節痛が起きる仕組みについて、正しく理解しておくべきです。テレビCMなどでも言われていますが、骨の先にある軟骨がすり減るから痛くなる、多くの人はそのようにイメージしているようです。
とはいえ軟骨に神経は通っていません。そのため軟骨がすり減っても痛みは感じません。では痛みの正体は何でしょうか。骨がすり減ることにより変形すると周辺の筋肉や血管、そして神経を圧迫することことになります。これが痛みの源です。
言い換えるならば筋肉の炎症を抑え血行をよくすれば、痛みは治まるし予防することも可能です。

関節痛の原因となる病気には何があるか

関節痛が起きる病気には様々なものが知られています。もちろん怪我や骨折があるでしょう。無理な運動をすると、若い人であっても関節痛は生じます。
高齢者で多くみられるのは変形性膝関節症です。これは上述のように軟骨がすり減ってしまうことが原因です。特に女性で多発することから骨粗鬆症や閉経が関与していると言われます。
一方で自己免疫疾患も深刻です。中でも関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどが有名です。早期発見に努めるよう、何らかの違和感を見逃してはいけません。

関節リウマチは関節痛の代名詞です

関節痛の代名詞とも言われる病気は関節リウマチです。有名であり患者数も多いですが、実際のところ、発生する明確なメカニズムは知られていません。患者の大半は女性ですが、誰でも罹る可能性はあります。
関節リウマチの特徴は、初期症状として朝方に指の関節などがこわばることです。初めの頃は動かしていると緩和されますが、放置すると徐々に悪化していきます。
なお他の関節痛との見分け方は、左右対称的に痛みが来ることです。全身へ痛みが広がる前に早く見つければ、薬を含めた対処法の選択肢は広がります。

関節痛に効きそうなサプリメントは

自己免疫疾患や重度の膝関節症であれば専門的な治療が必要です。しかし老化などが原因なら、自分で予防や改善させることは可能です。そこで考えてみたいのが巷にあふれるサプリメントです。
例えば関節痛に効きそうなサプリメントは、コンドロイチン、ヒアルロン酸、グルコサミンなどです。適量を症状に合わせて服用すれば相応の有効性は示されています。
一方で骨の再生にはビタミンやミネラルなども不可欠です。これらがトータルで含まれているサプリメントを探してみましょう。ただし他人にすすめられたとしても、自分に合わないと感じたなら、直ぐに服用を止めましょう。

関節痛に効果的な予防や緩和の方法は

関節痛を予防したり緩和する方法は、日々栄養バランスのとれた食事をすることです。それだけでも老化が原因の関節痛を防ぐことは可能です。さらにできることはあるでしょうか。
肩こりや腰痛と同様に、関節痛も筋肉が凝り固まったことで生じます。そのため関節を柔らかくしたり周辺の筋肉を強化することも有効です。例えば仕事や家事の合間にストレッチをしてみましょう。血の巡りが変わることを実感できます。
また適度な運動や体操も効果的です。特におすすめなのはラジオ体操です。全身運動なので、誰でもすぐに効果を体感できるでしょう。ただし無理は禁物です。かえって関節痛を悪化させないように専門家と相談しましょう。

素人判断は危険です

関節リウマチによる関節痛であっても諦めてはいけません。何歳になってからでも予防や改善させる方法はあります。ただし素人判断は危険です。専門家と相談して自分に合った対処法を探しましょう。

Copyright(C)2016 関節リウマチの症状の一つ関節痛 All Rights Reserved.