関節リウマチの症状の一つ関節痛

関節に痛みを感じたことありませんか?関節痛を和らげるにはどうすればいい? - 関節痛の代表でもある関節リウマチとはどのような病気なのか

関節痛の代表でもある関節リウマチとはどのような病気なのか

関節痛の代表的な病気に関節リウマチがあります。誰もがなんとなくはわかっているでしょうが、詳しいことは知らないようです。それこそが病気を悪化させる理由ですよ。

関節リウマチの原因は免疫機構の暴走です

関節リウマチは、自己免疫疾患です。つまり自分の身体を異物と感じて攻撃してしまいます。それが関節で生じたケースが関節リウマチです。
詳しい原因やメカニズムはわかっていませんが、免疫機構が暴走し、滑膜や靭帯などで炎症を起こします。そして徐々に骨や軟骨を壊していきます。

関節リウマチの主な症状は朝方の「こわばり」です

関節リウマチは徐々に症状が進行していきます。そのため初期状態で自覚することが難しいようです。それが悪化を招いてしまう原因です。放置すると関節が動かなくなり変形してくるので日常生活に支障をきたします。
初めは指の関節などが動かしづらくなります。よく言われるのは「こわばり」といった症状です。特に朝方、寝起きの動きが辛くなります。しかし昼頃には何事もなかったように消えてしまいます。
関節リウマチの痛みは左右対称で起こります。これが他の関節症との大きな違いです。また微熱が続いたり疲労感がとれない、体重が減ったりする場合もあるようです。

関節リウマチの治療法には手術もあります

かつては治らない病気と考えられていました。もちろん現在でも特効薬はありません。しかし早期発見であれば多くの選択肢があります。
第一は薬を服用することです。つまり抗リウマチ薬や生物学的製剤などがあります。また炎症を緩和させるためには非ステロイド性抗炎症薬も使えます。
こわばった関節をリハビリすることで機能を回復させることもできます。さらに滑膜の切除、関節の固定、人工関節の設置などの外科的手術をすることも可能です。

関節の動きを確認しましょう

関節リウマチは、誰でも罹る可能性があります。そのため油断は禁物です。日頃から関節の動きを確認しましょう。違和感を放置してはいけません。

関連する記事

    None Found

Copyright(C)2016 関節リウマチの症状の一つ関節痛 All Rights Reserved.